存在だいすきクラブ

強い気持ち

日記ではない

この世界の外ならどこでも

人生というのは、病人みんなが寝るところを変えたいなんて欲に取り憑かれた病院だ。 ある人はどうせならストーブの前でうなされたいと思うだろうし、また誰かは窓のそばなら元気になれるなんて信じてる。 ここじゃない場所なら僕もきっとよくなるなんてずっ…

「ちょっと存在する人は、やっぱり雇えませんねぇ」

「ちょっと存在する人は、やっぱり雇えませんねぇ」 「そうですか……」 またこれだ。 「やはり存在するひとはコストもかかりますしねぇ」 「なるほど……」 存在者差別禁止法が施行されてから五年が経つというのに、いまだ企業はそれを守ろうとはしていない。そ…

小沢健二の新曲が(僕に)よくなかった理由を考える

小沢健二の新曲がよくなかった。どうしてなのか考えた。 小沢健二は2017年2月22日に新曲「流動体について」を発売した。19年ぶりのシングルだ。 でもよくなかった。どうしてだろう。 そもそも小沢健二の「よさ」とは何なのか。考えよう。 小沢健二の活動はい…