存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017/03/06の日記

雨のち曇り。やや暖かめ。雨のあと冷える。

 

夢。は憶えてない。

 

昼ご飯、忘れた。なんか外で食べたような気がする。それでエントリーシートを書く。書くというか、入力画面を見てため息をついたり、街並みに歩く人たちを見たり、部屋の角っこを見たり、ため息をついたりしていた。ううーんエントリーシートを書きたくない。

 

別に書けばいいじゃないか。そうです。書けばいいんです。が、だるいなあ。やりたくないなあ。という自然な感情が湧いてくる。ちなみにいま日記を書くのが猛烈にだるい。半分寝ながら書いている。昨日もそうだったので、公開している以上けっこう申し訳ない感じだ。雑を通りこして、雑以前。

 

とくに書きたいことも思いつかないなあ。自動筆記ができるほどスマホの書き込みに慣れていないし。蛍光灯はすでに眩しくて僕の体が思いっきり眠りたがってるのがわかる。ウィンドウズの再起動が遅かったなあ、くらいしか言いたいことがない。

 

少し言いたいことを思いついた。権威性と権威の付与、元ネタとアーカイブの病。でも眠いのでやめる。

 

何になりたいかとか何をやりたいのかとかを考える。やりたいもの、あるか? みんなが産道から出てきたときにそれぞれのお腹に刻みつけられてたらいいのにね、やるべきこと。さしずめ僕は……、思いつかないなあ。召命? 意味や権威の付与じゃん。僕の生には価値がある、なぜなら……。そうですか。

 

さて、面接とは信仰告白の舞台だ。君のやりたいことは? 志望理由は? はい、私は社会に貢献したく…… 社会は善か? 善である。他の人を喜ばせたい…… 他の人は価値があるか? あります。自分の幸せのために……幸せは価値があるか? はいそうです。

 

ここでは信仰の自由はない。人間の大部分が共通する遺伝子が生み出すものを僕たちは信仰しなければならない。でなければ……なんだ、どうなるんだ。みじめな死か? 死に価値は? みじめさに価値は? 君にそもそも自由などあったか? 

 

知りません。どうしようもないですね今日の日記は。明日は眠くなる前に書く。よい日にする。気持ちを強く持つ。