存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-03-09の日記

ハア~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

ダメです。急激に憂うつになりました。無です。さて、あなたはなぜ働きますか? お金? 好きなことができるから? 生存? それで何をしますか? それで? 何のために生きますか? 

 

ダメだ。目的とか意味を考えるとダメ。目的の系列はぷっつりと無につながって切れてしまう。目的とか意味は考えない。ただ事実だけがある限りのない現実を生きましょう。なんのためでもない現実を、なにのためでもない瞬間を。現実を生きる! 叫んでも何も変わりませんね。目的のない動き、意味を持たない生存。それらを続けられますか。むりです。虚しさだけが胸を襲う。頑張ってもやってくる無。無にやられてはだめです。なぜ? 無にやられてもいいのでは。

 

そう、ここで無にやられてみましょう。一切を無にする。ここに僕はいない。ここに世界はない。ところで、ご飯は食べたっけ。そうだったおなかも減るなあ、トイレにも行かないとなあ、ああ電気代を払わないと、お金がいるなあ、働かないと。ああ、だめです。無になりきれませんでした。我々は衝動に勝てません。食もいるし衣も住もいるし電気も布団も水もインターネットさえいる。だめだ、無になりきれない。

 

あるじゃないですか無になるやつ。死ぬ。そういえば死がありましたね。どうですか。圧倒的正解ですね。死。しかし死んではだめ。なぜ。だめだから。そうですね。だめです。

 

さて、なぜだめか。理由を考えてはいけません。僕たちは「なぜ?」を禁止することで大人になってきたではありませんか。なぜ?が許されるのは幼年期に限ります。ちゃんとルールブックは読みましたか。次やったら退場でしょう。どこから? どこに? 考えてはいけません。

 

はあ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

何もしたくない。しかし、それをするためには大量の大量の大量の大量のお金が必要です。ではどうするか。大量の大量の大量の大量の大量のお金は持ってません。大量の大量の大量の大量の大量のお金がゲットできるのは元々恵まれた人か、人生をベットしたギャンブルに勝つかでしょう。そして人生をベットするためにも努力という名前の実家の太さが必要で…… だめ。やめよう。

 

八方塞がりですか? 上下はどうです。何が見えますか。わからん。星が……東京ではオリオン座くらいしか見えない。下。東京ではアスファルトと地下鉄くらいだ。だめだなあ。

 

目的や意味を考える。それは高い階層の人間に許される娯楽です。娯楽は許されません。働く。それで? ここでムチが飛んでくる。

 

あくまでも全知のように振る舞い、すべてに疑問を呈さないこと。事実は事実だけがあって、それだけです。

 

神のように知り、水車のように働く。それが許された唯一の生存法です。生存? 生存する必要があって? ここでムチが飛んでくる。疑義を挟むな。お前は神であり、水車である。全てを知り、何も語らず、水の流れるままに、ただ回り続けろ。