読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-03-13の日記

重い雲が広がっていたけれど、しだいに晴れてきた。そこそこの暖かさ。

 

夢。忘れた。いい感じだった気がする。寝起きは悪い。

 

がんばって説明会へ。電車の上下を間違えて時間ギリギリで説明会に滑り込む。うーん。だめなタイプ。内容がかけないのだけれど、いろいろとダメだった。たしかに講演者みたいなひとは会社に来るだろうから、よいフィルタリングだったのかもしれない。別に彼らもゴッホロートレアモンを求めているわけでもないし、いわゆる文化的雪かきができればいいのであって、天井をつけるだとか、雲をなくすとか、そういうのを求めているわけではない。

 

ちょっと怒りながら会場を後にする。自然にとても大きいため息をしてちょっと周りから注目された。いやあ、あれはため息が出るよ。古い友人から連絡があったのでご飯を食べる。景色がよい。そこそこのビルの高さから外を見るのだけれど、周りのビルはもっと高い。ビルの反射にキラキラする光がきれいだなあと、後ろを見たり横を見たり挙動が怪しくなってしまったとおもう。

 

本屋へ。ぼーっと見て、読みたいというよりも必要な本を買う。こんなことをやるようになったかあ、と少し思う。雨が降らないか気がかりな雲が広がる。甘い物が急にほしくなって、ちょっとチョコレートなんて買う。いつ食べるのだろう。部屋のとんでもないところからチョコレートが出てきたりする。

 

どうもさっきから真面目なことを書いては全部消して、書いては全部消してを繰り返している。悩まないようにしたいけれど、うーん。やめた。書かない。

 

タオルの話をしたい。バスタオルだ。僕は四枚くらい持っていて、ローテーションで使って洗う。でもいつも足りない気がする。無限タオルとかないのだろうか。昔のトイレにはなんか延々とタオルを回して使うやつがあって、不衛生だとは思ってたけれど、すこし不思議なものの一つだった。

 

すこし不思議なもの。さいきんはあまり見つけられない気がする。人々の感情。「スーツでなくても可」という注意書き。動く歩道というネーミング。そもそもなぜ全てが存在するのか。あー、どうでもよくなってきたなあ。

 

日々をこなすだけでは衰弱するだけだけれど、日々をこなすだけでも疲れ果ててしまう。繰り返される昨日と今日。昨日ではない今日がありますように! 紙に書いて枕の下に。