読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-03-17の日記

曇り。夕方に寒くなった。

 

夢。昼までは覚えていたんだけどなあ。忘れた。

 

昼前に起きて、南へ。会社のひととお話。うーん、こんなものか。率直なひとで、仕事が面白くないことが分かった。覚悟や予想はしているけれど、本人の口から言われるとつらいものがある。北へ。説明会。こんなものか~。とても優しい企業だ。優しい企業は入る入らない関係なくいい評判を漏らしたくなります。対して評判が仕事の例の企業は…… 

 

そのあと本を読みながらエントリーシートを見て、書こうとして、見て、見た。書けませんねえ。気合い。気合いが足らないんだよなあ。気合いを入れるためには、睡眠、食事、などなど。気合いは環境から。自由意志は信じない。

 

大学生協には大学名が記名された履歴書が売ってあって、それを指定する企業もある。悪趣味だなあ、とは思ったりもする。昔は源氏と平氏の記名入り履歴書とかあったのだろうか。ホグワーツの名入り履歴書とか。それもよさそうですね。

 

ロマン主義はそのときにはラノベ主義だった、みたいなことを言ったけれど、ロマン主義は古典を憎んで中世ばかりになってしまったみたいな話があり、中世ファンタジーになぜ人は惹かれるのか、と思った。それと「届くことがない手紙」のモチーフの歴史を調べたい。宛名のない手紙や、送ることのないメールとか、そういうのの系譜。恋愛脳と純粋なコミュニケーションの不可能さとか、昔やりましたよね。

 

つらいのでお酒を飲んでしまった。飲まないほうがよい。なに食べたっけ、昼、かけそば。夜、食堂のとんかつ。雑だなあ。ていねいな暮らし。Instagramのありがちタグかよ。だけれど、生活を丁寧にするような余裕はほしいよなあ。いま欲しいもの。加湿器。まともな炊飯器。スパゲッティが全部はいる大きさの鍋。乾燥機。布団乾燥機。三億円。ありあまる富。黄金でできた山。駅前一等地。スーパーコンピューター。職。

 

はあ~~~~~~~~~。就職内定率は空前にいいらしい。もちろん正社員とかの数字のごまかしはあるんだろうけれど。お花屋さんやケーキ屋さんやりたいよ。布団干し職人。アッシジの聖フランチェスコアッシジの聖フランチェスコの倍率が20倍くらいあったり、有給日数とかあってもそれはそれで困るけれど。他は? イエスもいいよね。故郷で奇蹟を起こせないなんてつらさがよい。彼は大工の息子だけれど。ソクラテスプラトンも戦闘派だ。誠実に、敬虔に。しかし何に? 対象がない。

 

今日の美しかったもの。海沿いの公園に花が植わっている。ノースポールとパンジー。それは普通なのだけれど、水やり用なのか大量の大五郎の空きペットボトルが並べてある。20本くらい。ラベルも汚く残っていて、それが真上からの日差しにキラキラと輝いている。このパンジーは大五郎のおかげで育っているのだろう。遠くに見えるビル群。大きくかかる橋。抽象的な銅像。パンジー。大五郎。やる気のない犬が散歩につれられている。僕は立ち尽くしている。時計が12時を指す。マラソンランナーが走り去る。