存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-03-20の日記

晴れだっけ。

 

夢、メモ忘れ。

 

何やったか憶えてないし、いつ起きたのかも憶えてない。とにかく調子が悪め。ほんとうは学校に行く予定だった。ダメです。家にいました。

 

うーん調子がわるい。ダメな感じですね。気温のせいだけれど。明日は急に寒くなり、雨が降るらしい。もっと調子がわるくなるでしょうね。とにかく眠く、調子がわるい。調子がわるいとはどういうことか。うーん調子がわるいんです。

 

湯葉を通して世界を見ている感じの調子のわるさ。世界が遠い感じ。これですね。これになると家事とかはできるのだけれど、とにかく遠い。FPSとTPSの差みたいな感じ。何が悪いのか。寝ている。ご飯を食べている。うーん。気温ですかね。温帯から引っ越そうか。何もかも曲がった地軸がわるく、彼がしゃきっとすれば世界の人もしゃきっとするだろう。

 

世界の近さと遠さの問題。内面。真に迫った。マジ。フェイク。言うなれば世界がフェイクになるというのが世界の遠さです。直す方法。一、死にかける。二、カラスに襲われる。三、高速。四、デカい音。五、自然回復。

 

経験上、回復には一発恋愛脳が噛ませられることが多い。無→LOVE→やっていき→LOVE→無→…… この繰り返し。はあ。いくら把握していてもどうすることもできない。ただ冷蔵庫の扉を見てはそうか~となるくらい。

 

とにかくダメな日だった。明日に期待。というか明日は頑張らないといけない。病院、学校、エントリーシート提出。その他。やることがあるぞ。やることがない日っていつ迎えられるのだろうか。ご飯も食べなくてもいいし、寝なくてもいいし、お金の心配もしなくてもいい日。何もしなくていい日が基本的人権になってほしい。