存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-03-31の日記

雨。しとしとと降る。

 

重大な夢を見た気がする。

 

日記を書くことがつらくなってきた。そもそも人間は日記を書くために生きているわけではない。では何のために生きているかというと、分からない。

 

今日は特になにもしていない。起きて、食べて、洗って、寝る。人間ができることはそれくらいしかない。

 

とにかく詩情というか、感情というか気持ちが薄れいでいる。三月三十一日がそうさせるのかもしれないけれど、希薄だ。感覚や感情、思考など。感触。本や物語を読んで取り戻そうとするけれど、取り戻したいものがうまくイメージできない。

 

明日は遠くにでもいってみようか。必要なのは新奇なものというよりも、気だるい疲労感だという直観がある。僕の直観は間違えない。