存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-07-15の日記

暑い日だったようだ。エアコンに逃げていたのでよくわからない。

 

印象的な夢だった。基底現実がつらいときによくあるタイプの夢で、世界には幸福の可能性があるんだよ、と言うタイプの夢。覚めたときがとてもつらい。甘い飴玉の中に針が入ってるような目覚めでした。内容は恥ずかしいので書きません。

 

かなり何もしていない。自分でも驚くほど何もしていないと思う。ご飯を食べた。寝た。シャワーを浴びた。これだけです。あとは寝っ転がって、弱いインターネットをしていた。強いインターネットとは積極的に文字を打ち込んだりキーボードをカタカタやったり知らないウェブを見るようなやつで、弱いインターネットとは意志の力みたいなのがいらないインターネットです。今日は弱かった。

 

エアコンを入れて布団の上をクルクルしていると自分を責める感情が湧いてきます。よくない。運動とか、少なくともラジオ体操をしたいと毎日考えては、やらない。

 

お金がなくなってきたので働く必要がある。何か抜け道がないかといつも探している。たとえば僕の居住スペースでは水は定額制だ。ここから砂漠までパイプを繋げば儲けられる、など。

 

客観的には気軽なんだけれど、やっぱり精神的には重さを感じる。とにかく一つのことに酔っていることが重要だなあと思ってくる。別にそれは寺の周りを何週間もグルグルするとか、そういうことでもいいのだろう。もしくはアルコールで視野を狭めるとか。ひたすら呼吸の仕方に気をつけるとか。

 

そういえば急に精神状態がよくなった。不思議だ。だから剣山みたいな言葉はとうてい出てこない。しかし剣山って言葉はもっとカッコいい物事に取っておいてほしかった言葉だなあ。

 

フェイクとリアルについて考えていた気がする。日本でたぶん最初くらいに大多数にウケたラップソング「DA.YO.NE」がカッコいいじゃん、と気付いたのがきっかけです。フェイクとリアルはもちろんポップと本質?みたいな対立でもあるわけです。

 

少しお酒を飲んだのだけれど今日は意識がなんの取っ掛かりもなく流れていく。難しいことは考えられないけれど落とし穴にハマることもない。日常ってそういう話なのかもしれないし、そのワードで学園生活を夢見る必要もないのかもしれない。

 

なんかオチがない。日記にオチはいらない。

広告を非表示にする