存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-07-25の日記

曇り、通り雨が降る。ムシムシした、夏の一日だ。

 

学校にいって、事務手続きをしたり心理学や精神医学の本を読む。あとゲームの哲学と人類学批判みたいな本を借りてきた。

 

昼食で友人と偶然会う。まったく予想できない遭遇だった。日々について話す。

 

猛烈な無に襲われてしまう。空が不安を告げるみたいな感じです。とにかくアルコールを飲んでみるが、陶酔にはいたらない。余計に何かを恐れる感じが増えてしまってよくない。なにか新しいひとと話せばいいのではとライン@というものをやってみるが、特に功を奏す感じはない。やや恐慌といった感じになっていて、この日記も流れやオチを用意する余裕がない。お笑い番組をバックグラウンドに流しながらどうにか手を動かしている。

 

だめだなあ、なにかカッチリしたことを書きたい。不安やつらさをちゃんと言語化したほうがよいはずだけれど、世界との接続がうまくいっていない、とか、世界に入り込めてないとか、その辺りの表現になりそうだ。痛みは接地を取り戻すので、咳が続いたりすると少し良くなるという経験則がある。

 

運動の日々からの急速な離脱がよくなかったのかもしれない。運動は世界への働きかけでもある。世界を操作できる、という実感は一つの解決策への糸口かもしれない。掃除、洗濯、そういうものでもよい。

 

もしくは世界と自分が違うものであることを確信する。ランダム性に見えるものを見つける。他人に見出そうとしているのかもしれない。

 

とにかく新しいことをやってみていこう。アルコール以外に陶酔を。