存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-08-19の日記

たまにでも書く。いつも書きたいけれど、書けるときにしか書けない。

 

友人宅でゲーム制作の合宿に参加していた。昨日からです。合宿を合宿にするものとは何なのだろうとかを考える時間だった。僕はお酒を飲んでいただけだし、やっぱり東京から出ないと合宿じゃないかもしれないとか考えていた。都会の真ん中の私有地で花火をやったけれど、花火をやるために花火をやった感じだ。でもだいたいあらゆるものはそんなものなのかもしれない。僕は人生をやるために人生をやる。花火に飽きて無駄に紙を燃やしたりした。むしゃくしゃした苛立ちや無意味への耐えられなさは燃え尽きない。

 

さて、今日の話、朝は合宿先で起きて、そういえば合宿といえば寝る前のパジャマでのラブトークとかだと思うのだけれど、合宿の適齢期から遠く離れた僕達には無理だった。

 

さて、今日の話。久しぶりに昔のクラスメイトと会ってカレーを食べる。人と人が話すというのは難しいなあと思う。みんな孤独だとか思ったりする。金魚を見る。金魚たちは水槽で押し合いへし合いしながら泳いでいるけれど、寂しがったりするのだろうか、とか考えたところで「淋しい熱帯魚」のイントロが頭の中で鳴りだしてそれどころではなかった。

 

家に帰ってお金のなさをしっかりしっかりと認識する。手を打たないといけない。とにかくVALUに登録した。生きることにはお金が必要で、お金のためには生きることを提供しないといけない。生きることでさえ大変なのに、お金を得ることはさらに大変だ。いや、分からない。僕は生きるのを止めたことがないので、お金を得ることが生きることより簡単かもしれない。

 

だんだんと夏は終わりに近づいていく。雨は一歩一歩確実に秋を呼んでいる。夏をただの夏で終わらせたくないなあ。毎年そう思う。