存在だいすきクラブ

強い気持ち

2017-09-14の日記

晴れ。少し暑い。夜に雨が降る。セミが一生の終わりの声を上げ、死んでいく季節だ。

 

気分は悪くない。

 

髪が乾くのを待ちながらこれを打っている。

 

朝に起きる。地震の夢で起きて、寝て三時間後くらいに本当に地震が来る。じゃあ三時間前くらいに微震でもあったのだろうと調べるもそんなこともない。まあそういう偶然の一致も時にはあるだろう。人生は宝くじを引き続けているようなものだ。

 

昼から労働へ。途中で無意味さに耐えられなくなったので近くの道を歩いていると猫が横になって寝ている。猫の寝方には何種類かある。人間で言うとレム睡眠というか、浅い眠りで、ただ横になっているだけの眠り方だ。アリが上を這おうとしては蹴落とし、体を震わせている。僕がそれを見ていると大きく伸びをして起きる。僕は撫でる。

 

おばあさんのグループがやってくる。「猫が好きなの?」と聞かれたのでまあそうだ。と答える。チラシを渡される。日蓮系だ。「南無妙法蓮華経を唱えるとみんな幸せになれるの、みんなよくなるの」と言われる。僕はありがとうございますと答え、そそくさと立ち去る。近くの神社に行き、そこにいる猫を撫でる。

 

チラシを見る。宗教施設は近い。そこからの帰りだったのだろう。題目を唱えるとみんな幸福になれると書いてある。確かにおばあさん達は笑顔が多かったなあ、と振り返る。趣味はよくないが高そうなメガネをかけ、白髪。みんな幸福になれるのかあ、そうかあ、と南無妙法蓮華経と言いながら猫を撫でる。南無妙法蓮華経。南無妙法蓮華経。猫を撫でる。猫を撫でる。無理になってきた。無理だ。僕は幸せにはなれない。僕は、みんなではない。

 

ここのとこ警察が多い。パトカーがゆっくりどこそこを回っている。何かあるのだろうか。

 

安喫茶で本を読む。不安になる。カフェインがいけないのだろうと心を落ち着かせる。不安になる必要はない。不安の対象はない。

 

夜は何も考えずにファストフードに飛び込む。人が少ない。接客も雑で落ち着く。コップをぶん投げるくらいでいいと思っている。

 

自室に帰る。洗濯物を取り込む。雨が降る気がするから。降った。直感は正しい。

 

確認:メルロポンティの他者

 

台風が近づいている。強いらしい。台風は強いときにしか称号がつかない。猛烈な、非常に強いとか。多くの人がビビらなくなるので弱い、とかの称号は消えたらしい。やさしい気がする。でも人間だと「弱い人間」という称号を得ると強く振る舞えるときもある。称号がつかない、概念化されない人々がだいたい一番かなしい。

 

はやく激LOVEになりたいとばかり考えている。それはいいことだろ? そうかな。僕は残高のことを考えている。車が雨に走っていく。換気扇が回っている。心に換気扇はあるのか? 回したい。